これはイイ!おすすめのおんぶ紐-大・大・大おすすめの「おんぶ紐兼用抱っこ紐」ベスト3!

これはイイ!おすすめのおんぶ紐

生まれた時はとても小さかった赤ちゃんも、いつの間にか体重が増え、腕だけで支えるのがとても疲れるようになります。

そういう時にも昔から使われている、おんぶ紐の利用がおすすめです。

おんぶ紐といっても、今はとても便利なものがいくつかあります。


まず、おすすめなのが、おんぶ紐だけではなく、抱っこ紐としても使うことができるタイプのものです。

子供がいるママさん達の意見を取り入れて作られたものなので、とても使いやすいようになっています。

おんぶ状態では家事をするのも楽ですし、どこかへ出かける時には抱っこにして赤ちゃんの顔をしっかりと見ながら移動できます。

また抱っこからおんぶ、逆にしてもとても移動しやすいというのがメリットです。

カラーバリエーションも豊富なので、いろんな色から選べて楽しみもあります。


そして2つ目におすすめなのが、出かける時向けに持っておくと便利な、素材もデザインもアウトドアタイプのものです。

こちらのおすすめポイントは、価格が安い割には、素材がしっかりしていて丈夫だということです。

アウトドア向けなので、ポケットの数が多いですから、何でも入れられて便利です。

パパがつけてもしっくりくるので、お出かけをよくするのでしたら持っていてもいいものです。


3つ目は、現代ママさんたちから人気が高い海外ブランドのもので価格も高めではありますが、それだけに使いやすさ抜群です。

360度の方位から抱っこもおんぶもできるようになっているので、機能性も高いです。

通気性や柔らかさ、軽くて乾きやすいなど求める条件を全て満たすことができるような、おんぶ紐があるのです。

海外ブランドのものは、機能性プラスデザイン性の良さ、オシャレ度も高いものがありますからチェックしてみるのも良いでしょう。


出産祝いの贈り物としてもよくおすすめされる、おんぶ紐はいろんな種類が増え、昔よりもさらに使いやすさを追求したものが多いです。

価格はそれぞれでピンからキリまでありますが、使いやすさがあるのに安いものですと15000円前後、海外ブランドのものになると2万円から2万5000円ほどしていることがほとんどです。

もちろん価格だけでしたらもっと安いものもあります。

しかし、おんぶ紐は丈夫なものであれば3歳くらいまでは使うことができますので、最初の投資だと考えて機能性が良く丈夫なものを購入しておくのがポイントです。

1人っ子ではなく、その下にも兄弟を作るつもりであれば尚更丈夫なものを一つ持っておけば、次のお子さんが生まれた時に買いなおさなくても良いのです。