色んな種類がある抱っこひも、お洒落でおすすめなのはコレ!-大・大・大おすすめの「おんぶ紐兼用抱っこ紐」ベスト3!

色んな種類がある抱っこひも、お洒落でおすすめなのはコレ!


お洒落という観点からおすすめの抱っこひもといえば「エルゴ」です。

今たくさん発売されている抱っこひもはありますが、エルゴはその原型と言ってもいいと思います。

エルゴは新生児だと15キロぐらいまで長く使うことができます。

15キロといえば3歳ぐらいまでです。

抱っこひもなしでは15キロの赤ちゃんはとても重くて抱けません。

新生児期は新生児用インサートを併用することにより、生まれたての身体が安定していない赤ちゃんをしっかりホールドすることができます。

赤ちゃんはしっかりと足を開脚することが必要とされていますが、エルゴは自然に足が開脚するような設計になっているので、抱っこひもの中にいる赤ちゃんも快適な姿勢を保つことができます。

首が座ったら新生児インサートがなくてもエルゴ単体で使うことができます。

赤ちゃんは3キロちょっとだと思いますが、いざ長時間抱っこしているととにかく重いです。

特に腰への負担がすごくかかります。

エルゴのおすすめポイントとしては腰ベルトがしっかりしていることです。

エルゴは幅が広いウエストベルトになっているので腰にかかる負担がかなり軽減されます。

ウエストベルトにはパッドが入っているので腰に当たるフィット感も心地よいです。

また、普通抱っこひもは腰とともに肩に当然負担がかかってくるわけですが、エルゴは肩と腰へバランスを分散させる「分散設計」にこだわって作れているので、腰と肩への負担がかなり軽くなり、長時間抱っこしていても疲れません。

寝ている赤ちゃんは首ががくっとうしろに下がってしまい危険ですがエルゴにはスリーピングフードが付いているので、赤ちゃんの頭をしっかりと守ることができます。

スリーピングフードは寝ている赤ちゃんだけではなく、日差しのきつい夏の紫外線予防にも役立ちます。

意外と便利なのが、エルゴにはジッパー付きのポケットがついています。

ポケットにはよだれふきのハンカチや、おしゃぶりを入れてもいいし、冬場にはホッカイロ、真夏には保冷剤を入れたりと、意外と便利に使うことができます。 まさに「あったらいいな」のポケットです。

またエルゴにはカラーバリエーションもデザインの種類も豊富に用意されているので、ファッションを楽しむ感覚で抱っこひもを選ぶことができます。

シンプルな黒から、ちょっとした柄のデザインまであり、パパママのファッションの一部としても楽しむことができます。

ユニセックスデザインなので、ママだけでなくパパが抱っこしても、もちろんしっくりきますよ。

どうぞ【エルゴ抱っこひも】の公式サイトをチェックしてみて下さい。